護摩札守祀り方/古札納札

護摩札守

身代り不動尊護摩札守 祀り方・奉拝の仕方

 

一、護摩札は神棚、床の間、机の上など御札の表面を東か南に向けお祀りしてください。
  (お守は携帯して下さい。)
二、感謝の気持ちを忘れずに不動心を持ち、
  毎日、願い事を祈念して下さい。
経典、ご真言を読誦なさることをおすすめします。

 

ノマク サンマンダ バ サラダ
センダ マカロシャ ダ
ソワタヤ ウンタラタ カンマン (三遍)

 

古札納札

 

新しい護摩札守を授かった後、
古札納札は当山に送られるか、
参拝のときに古札納札所にお納め下さい。

 

身代り不動尊でお受けになった護摩札守・御守のみ
お納めいただきますよう、お願いいたします。
又、神棚・仏壇・人形・ぬいぐるみ・仏像等は、
いかなる理由があってもお持ち込みいただかぬよう、
お願いいたします。

 

Copyright© 〈公式〉身代り不動尊 大明王院 , 2020 All Rights Reserved.